2011年12月10日

親父がいなくなったときにはじめて、俺は親父になったんだと思う

おはようございます。

プロ野球工藤公康選手が現役引退を表明しました。3
000試合出場のノムさんを超える実働29年・224勝。
数多の指導者としての誘いがあるなかで、あくまで現役にこだわり続け、後進の選手たちに、子どもたちに背中を見せ続けてきたのは素晴らしいことだと思います。

なにはともあれ、お疲れさまでした。
今日の言葉


「親父がいなくなったときにはじめて、俺は親父になったんだと思う」


北方謙三さんのエッセイから。
「父親になる」というのは準備や資格があって「父親」になるんじゃなく、子どもができたとき、親父がいなくなったとき、自然となるものなんだと思います。
父親は子どもに生き方を教えていく、という役目を負っておりますが、父親である自分自身(私はまだですが)も生き方を学び続ける存在なわけです。

工藤選手の現役にこだわり続ける姿勢、その背中が、後輩選手や子どもたちを確かに育てたのだと思います。

全力で走れる限り走って、次の世代へとバトンを渡す。

そんな生き方を自分もしたいですね。

posted by mikki at 08:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。